2021年06月09日

ジオラマが届きました〜

本日、設計士さんが図面を立体化した模型?をもってきてくださいました。
やっぱり、図面よりイメージ湧きます。
本部事務所に置いてあるので、誰でも見られますよ〜。
jiorama-2.jpg
全体像でございます。

屋根が取れます。
jiorama2F.jpg
これが2階部分で、いまーじゅ・ほっとそっと・とことこ

jiorama1F.jpg
こちらが1階で事務所と交流スペースとどーや

ジオラマ見ながら、うきうき。
なのですがっ、がっ、がっ
実は、コロナの影響で木材の価格が高騰しています。
そのため、鉄骨のほうが安くなりそう(でも、予算が1.2倍以上になってしまう)ということで
一旦は鉄骨?という感じになっていたのですが
その後、鉄骨も値上がりしているため、とても手が出ない感じに。
従来の木材だと価格も高いけど、そもそも、材料自体が手に入らなくなっていて
着工自体が少なくとも2か月は遅れてしまうとのこと。
2×4の材料なら予定通りのタイムスケジュールでできそうだけれど、今度は壁をいっぱい増やさないといけないということに。
え〜ん、どうしましょう。
いろいろ、タイヘンです!!
コロナが、こんなところにまで影響があるとは思ってもいませんでした。
でも、ひとつずつ検討して課題をクリアながら進んでいくしかないので、みんなで考えて相談しながらガンバリマス。

そういえば
どーやの改修をした際も、業者さんと契約した直後に東日本大震災が起きて、コンテナごと東北に行っちゃって、コンパネが1枚も入らないってなって、泣く泣く壁の補強とかしないまま工事してもらったり、蛍光灯が1本も手に入らなくて、中古をかき集めてつけてもらったのを思い出しました。
まぁ、いろいろありますよね。
憎むべきはコロナ!
早くワクチン接種が進んで、みんなが安全に生活できるようになるといいですよね。

木材価格高騰のため、予算が膨らんでおります。
皆様からのご寄付、今後ともどうぞよろしくお願いいたします!!
ゆう寄付サイト
 
posted by おぎの at 20:25| Comment(0) | 日記

2021年05月02日

基本プランが出来上がりました!!

基本プランが出来上がり
各部署の責任者と設計士さんとの調整が始まりました。
この基本プランにたどり着くまでに
理事と設計士さんとで数回打ち合わせをして
プランAから始まって現在はプランFになっています。

PlanM-1.jpg

玄関からの導線、引き戸か開き戸か、トイレや給湯器の位置、壁の厚さ・・・
具体的な話し合いになっています。
各事業所に持ち帰り、スタッフと検討して、再度設計士さんとの打ち合わせが続きます。

posted by おぎの at 14:54| Comment(0) | 日記

2021年03月03日

いよいよ、基本プランに突入です

2月26日、現地調査の報告書をもとに、打ち合わせが行われました。
今回も時間が合わず、夜のZOOMでの開催となりました。
meeting-7.jpg
参加できなかった現場責任者には後日録画したものを見て頂くことにしています。
ZOOMは録画機能があるので、そこはとってもありがたいですね。

人にやさしい街づくり条例(愛知県条例)による事前協議が必要で
土地に事前に看板を立てて地域住民に告知すると同時に、地区の総代さんへご挨拶に伺うことになります。
看板で告知すると、様々な声が寄せられるそうです。
障害福祉施設ですから、どんな声が寄せられるのか…ドキドキします。
否定的な声がないといいのですが・・・・・。

その他、設計士さんからは、敷地の現地調査についての報告をしていただき
いろいろな協議や申請手続きが必要であることを教えて頂きました。
工期は最低でも6か月はかかるので、来年のGWの完成を目指すとなると、5月にはプランを固めて申請をしていく必要があるとのこと。
というわけで、
設備が構造に関わるものや重い物、大きい物などについて各事業所ごとに洗い出して1週間〜10日以内に提出することとなりました。

一気に具体的になり、現実味を帯びてまいりました。
あとで「これ置きたかったのに入らない〜」ってことにならない様に、しっかり考えてお伝えしていきたいと思います。

ゆう寄付サイト
 ←よろしくお願いいたします。
posted by おぎの at 16:47| Comment(0) | 日記

2021年02月15日

7回目のお話会をZOOMで行いました。

2月13日に7回目のお話会があり、設計士さんにもご参加いただき、ゆうの思いや各事業所の考え方などをお伝えし、設計士さんからはいくつかの質問がありました。
完成時期の目安や引っ越し期間については、現場から年度替わりの3月よりGWあたりのほうがいいかなという話があり、5月の完成を目指すことになりました。
引っ越し期間も一気に引っ越すのはスタッフにも利用者さんにも負担が大きいので、1か月くらいの期間をもって引っ越しできるように考えて行くことになりました。
設計士さんから、木造と鉄筋では鉄筋の方が2〜3割高くなるけど、防音効果は鉄筋の方がいい、とか
川が近いので、調査をして工事が必要になると4割高くなるなど、いろいろ教えていただきました。
銀行融資や現地調査、豊川市への建築基準法の確認など、手続きがいっぱい!
設計士さんが現地調査などを行って、報告書を作ってくださることになりました。
わからないことだらけですが、一つ一つ勉強して、前に進んでいきたいと思います。

ゆう寄付サイトに多額のご寄付を頂いています。
本当にありがとうございます。
今後とも、お力添えをよろしくお願いいたします。

ゆう寄付サイト
posted by おぎの at 00:00| Comment(0) | 日記

2021年02月08日

設計士さんも一緒にZOOMで会議!!

2月4日
昨日、ゆうの事業所を見学してくださった英設計さんご夫妻が、現場責任者の声をもっと聴きたいと言って下さり、ZOOMでのお話会(6回目)に参加していただくことができました。
meeting6-1.jpg
今回のお話会では、まずはじめに、他社の放課後等デイサービスの施設を見学してきた、とことこ責任者の十都(とそ)さんからの報告がありました。
たくさんの工夫があり、園庭やカームダウンエリアや倉庫など、とても使いやすそうな作りになっていましたが、それでも、実際に使っていくうちに「これはいらなかった」「こうすれば良かった」がでてきているとのこと。
使いやすい建物を造るのって、すごくすごく大変なのだと、参加者一同、勉強になりました。

続いて、スタッフをはじめ、利用者さん、会員さん、地域の皆さんに施設建設の進捗状況をお伝えしていくために、このブログをどの様に活用していくのかを話し合いました。
個人情報保護の問題もあり、さまざまな意見が出されましたが、より多くの方たちに知って頂く方向でこのブログを運営していくこととなりました。
・写真等については、了解の得られたもののみ掲載していくこと
・理事や現場責任者の名前は本名で掲載していくこと
・スタッフ向けには法人内の専用SNSに経過を載せていくこと
となりました。
このブログで施設建設に向けての経過を順次載せていきたいと思います。

そして、最後は設計士さんから質問や助言などをいただきました。
アレルギーのお子さんへの対応についてやアコガレの床暖房のメリットデメリット、穴化空かない壁材とは?など、専門家ならではの視点がいっぱいで、とても勉強になりました。
今後も、定期的に設計士さんに入って頂いてお話会を開催し、ゆうの思いがいっぱい詰まった素敵な図面が出来上がると良いなぁと思っています。

現在、ゆうの施設建設のための寄付を募っています。
是非、ゆうの活動を応援してください。
ゆう寄付サイト


posted by おぎの at 09:54| Comment(0) | 日記

2021年02月03日

設計士さんが見に来てくれました

今日は、英設計の佐藤ご夫妻がゆうの各拠点を見学してくださいました。
まずはどんな事業をしているのかを知っていただくためです。

本部事務所で理事長の豊田からゆうの事業概要を説明させていただき、理事の荻野から、これまで福祉啓発としてやってきた地域に向けての情報発信や家族支援のことをお話しました。

現在、本部事務所の一角にある情報発信や交流するためのスペースはとても狭く、気楽におしゃべりしたりお茶することはできませんし、作品を展示したり売ったりするための十分なスペースもありません。
事務所と同じフロアなので、茶話会やお勉強会もとてもやりにくい状況です。
なので
今度つくる拠点には、ご近所さんや親御さんが集まっておしゃべりしたり、
スタッフがまったりできたり、
どーややほっとそっとの利用者さんたちが作った作品を展示したり売ったりできたり
お勉強会したリ茶話会したりツール作ったり・・・
そんな交流スペースが欲しい!!のです。
そんな思いをお伝えしました。

145843690_3869466539798622_1151687412120717697_n.jpg

次に、2階のいまーじゅ(親子通園)を見て頂きました。
いまーじゅは、民家の間取りをめっちゃ工夫して使っています。
設計士さんは責任者大橋さんの説明をとても熱心に聞いてくれて、質問もしてくださっていました。
個別セッションのお部屋と自由遊びのお部屋、これは独立してないとだめなの?パーテーションで仕切るのでもいいの? 窓はあっても大丈夫なの?など、など。
実際に子供たちが過ごしている様子も見ていただけました。
見てもらえない個別セッションのところは、大橋さんが事前に動画を撮っておいてくれて、それを見てもらうこともできました。(さすがの事前準備)
どんな子どもたちがどんな目的でどんな風にこの部屋を使っているのかをイメージしてもらうことができたと思います。
見学中に「専用のタオル掛けがないのでこれで代用しています」という大橋さんの説明を聞いて、「そうか、児童の施設も見てもらった方がイメージしやすいかも」と思いつき、今回の施設建設とは関係ありませんが、後日ひまわり園も見学してもらうことになりました。
やってみると、いろいろな気づきがあるものです。

そしてどーやへ移動。
ここは、かなり特性の強い自閉症の方が通う生活介護です。

145573994_3869466693131940_2743278906322109413_n.jpg

内職作業の大葉の良い香りが漂う中
穴の開いた壁(苦笑)やめちゃくちゃ個別化された作業ペースなどを見ていただきました。
利用者さんに合わせて構造を作っていることを責任者の岡部さんがしっかり伝えてくれました。
どーやは、新しい方が来たら、その方に合わせて作業スペースや休憩スペースを作るので、空間をフレキシブルに仕切る工夫が必須です。
これまで、スタッフが手作りであれこれ工夫してきた結果出来上がった構造物を見て、設計士さんたちからは「これはすごい」と感嘆の声があがっていました。
本人に合わせた構造が必要な事、それがあるからこそ、個性豊かな利用者さんたちが穏やかに過ごしながら、作業できている様子をたっぷり見ていただくことができました。

最後は単独通園のとことこ。
ここはバリアフリーのアパート3部屋を使って運営しています。

145356411_3869466499798626_7495581477830768238_n.jpg

責任者の十都(とそ)さんが、事前に用意した資料で詳細に事業内容の説明をしてくれて
部屋にあるたくさんの構造の意味なども含めてお話してくれました。
全ての構造に意味があります。
無駄なものや余分な構造はありません。
とことこに通ってきてくれている子どもたちがその子らしく成長していけるように、スタッフが日々様々な工夫をしていることが伝わったと思います。

設計士さんに「スタッフの方の仕事に対する情熱、思いが本当に素晴らしい」と言っていただきました。
みんなの思いが詰まった工夫いっぱいの施設ができるように、とことん話しあって考えていきたいなぁと思います。
posted by おぎの at 19:40| Comment(0) | 日記

2021年01月26日

5回目のお話会

お話会5回目は「事務所」について話をしました。

事業所ごとにあったほうがいいのか、一か所がいいのか
一か所だった場合、現場にも記録などを書くスペースはいるよね
事務所が利用者さんのカームダウンエリアになってるから現場にないと困るけど・・・でも、それっていいこと?
現場と事務所を行ったり来たりするのは大変だけど、ミーティングは利用者さんがいない場所でないとできないから離れていた方がいいし、、、、
などなど、メリットデメリットを含めて話し合いました。
すぐに結論が出るものではないので、今後もディスカッションしながら、機能的で働きやすい事務スペースになるといいなと思います。
posted by おぎの at 00:00| Comment(0) | 日記

2021年01月21日

施設建設にむけて、お話会をしています。

ゆうゆう通信の1月号でもお知らせしていますが、現在、施設建設に向けて準備が始まっています。
今の法人本部・どーや・とことこの3つの拠点が1つになる予定です。
現場責任者・理事長・常務理事が集まって12月から昨日までの間に、4回のお話会をしています。
1回目は事務所で行いましたが、密になる危険性があることと、9人の現場責任者が同じ時間に1か所に集まるのはとても難しいので、1時間と決めてZOOMで行っています。

これまで、こんな思いでこの事業をやってきた
これから、こんな風にしていきたい
という話や
こういう活動があるから、こんな場所や部屋が欲しい、など自由に話し合っています。
屋上やベランダが欲しいとか男性用小児便器は必須とかマジックミラー付きの部屋が欲しいとか
思いっきり自由にディスカッションしています。
4回目の今日は、どこの事業所も1階がいい!!と主張しているので(2階建ての予定なのですが・・・・)
そのあたりをディスカッションしました。
みんなで話し合いながら、少しでもいい施設にしていきたいと思っています。
posted by おぎの at 00:00| Comment(0) | 日記